河合楽器ホーム > 製品情報 > ピアノアカデミー 森の中の緑の工房/カワイ竜洋工場


森の中の緑の工房


カワイ竜洋工場

世界一の規模を誇るカワイ竜洋工場

カワイ竜洋工場

「この手で世界一のピアノをつくりたい」という創業者 河合小市の夢を実現するために、1980年、世界最大規模のグランドピアノ専門工場「カワイ竜洋工場」は誕生しました。それは50年にわたるカワイのピアノづくりのノウハウのすべてを集結させ、ピアノづくりの理想的な環境を追求した工場となりました。

豊かな自然の中でクラフトマンが一台一台のピアノに丹念に向き合えるよう、10万平方メートルの広大な敷地に1万5千本の樹木が植えられました。工程のすべてには最新の生産設備を導入し、最高の品質精度を追求しています。「森の中の緑の工房」と呼ばれるカワイ竜洋工場には、カワイ創業時からの精神が今もなお受け継がれています。

熟練職人たちによる「匠の技」と最新の「科学の技」

カワイ竜洋工場

ピアノは本来、一台一台丹念に作りこんでゆくもの

こうしたピアノづくりの原点を継承するため、竜洋工場には昔ながらの手作り工程である「原器工程」が保持されています。ノミとカンナでピアノの土台を作る木工工程、鉄骨を載せ弦を張る工程、アクション仕上げ工程、ハンマー工程、そしてコンサートチューナーによる音づくりの段階に大きく分けられた工程は、ピアノを知り尽くしたクラフトマンにより、妥協を許さない高精度な加工がなされています。

機械化、コンピュータ化が進んでいる中で、原器工程のクラフトマンは本来ピアノとはこうあるべきだという気概と信念を守り、それを次代に継承しています。同時に先端の試験研究設備により、ピアノを数値的、体系的に評価し研究開発する「Shigeru Kawai ピアノ研究所」も創設されました。

熟練職人たちによる「匠の技」と最新の「科学の技」、そして良質な素材。これらが有機的に結びついたこの工場では、カワイアップライトピアノ、カワイグランドピアノをはじめ、カワイの新たなフラッグシップ・モデルであるShigeru Kawai SK-EXなどを製作しています。何ものにも流されず一途に音を磨き続けるカワイの夢とロマンは、この緑の工房で大切に育まれていきます。


ページ上部へ


    ブログも好評な大型直営ショップ ブログも好評な大型直営ショップ ブログも好評な大型直営ショップ ブログも好評な大型直営ショップ